Top >  弔電とは >  弔電とは?いつから始まったの??NTTが先駆け?

弔電とは?いつから始まったの??NTTが先駆け?

弔電を打ったことはありますか?ここでは、弔電の意味や、その重要性・
必要性・最近の弔電事情について、詳しくお話します。


【弔電とは?】

弔電とは、出張や病気療養中などで、どうしても都合がつかず、
お葬式や告別式に参列できないときなどに、喪主・親族に対して、礼儀として
弔意を表す電報を送ることです。

弔電そのものは略式な挨拶に過ぎず、礼儀・形式的なものですので、
あなたが生前お世話になった方や、大切な方の葬儀であれば、
出来るだけ早い時期に、改めて弔問するようにしてください。

礼儀としての弔電だからこそ、不備のないように送るようにしたいものです。
知らせを受け、参列できない場合には、すぐに打電しましょう。
遅くとも、告別式の3時間前までに届くように手配するのがベストです。




【弔電の普及】

昨今の弔電は、以前よりも取り扱う会社も増え、サービスやスタイルも
幅広く多種多様になってきています。

有名なものとしては、NTT電報や郵便局のレタックス等が挙げられます。
しかし、インターネットの急速な発達と、パソコンの急激な一般家庭への
普及にともなって、ネットからの弔電や電報の申し込みが増えています。

弔電の知らせを聞いてから、良い弔電を探すのは大変ですので、
前もって、サービスの良さそうな会社を探しておくことをお勧めします。

また、弔電には様々な種類があり、台紙のグレードやオプションも
気になるところですが、その宗教・宗派によっても、弔電の種類・内容には
十分気をつけたいところです。


スポンサードリンク


その他お悔やみ,電報,病気,挨拶,礼儀の情報

弔電を打つときには、NTTの略式文例を使おう
弔電の文例は何も自分で考えなくてもいい時がありますね。
もしくは、自分ではどうしても考え付かない時。

弔電のマナーとは?やってはいけないこと
弔電とは、交通網の不備や仕事の事情などで、緊急の訪問が出来ない場合に、
取り急ぎ、弔意を伝えておこうとする手段です。正しいマナーを知って、
礼儀正しく、不備のない形で弔電を打ちましょう。

弔電の打ち方を教えて!NTTの他には何があるの??
弔電を、実際に打ったことはありますか?ここでは、実際の打ち方、
その方法と流れについて詳しく説明します。いざという時に、
焦らないように、ぜひ一度この流れをご覧になってください。

弔電の礼状について。例文も用意しました。
弔電をいただいた場合、礼状はどのようにすればよいかご存知ですか?
ここでは、弔電の礼状について詳しく説明いたします。

弔電の文例を教えて!そんな方の為に例文を用意いたしました。
弔電の文を、どのように送ればいいかお悩みの方はいませんか?通常、電報を
扱っている会社には、ケースに応じた文例が準備されていて、宛名や差出人名を
変えるだけで、送ることの出来るものがあるので安心してください。

郵便局の弔電について。レタックスを活用しましょう。
郵便局からも弔電を送れることをご存知ですか?ここでは郵便局の
レタックスについて、また正しい文面についてお話します。

NTTの弔電について
弔電を打つなら・電報を送るなら、やはり一番に考えるのはNTTです!
NTTの弔電について、説明いたします。


弔電とは

弔電について詳しくご紹介いたします。いつから始まったのか?

関連エントリー

弔電とは?いつから始まったの??NTTが先駆け?