Top >  弔電マナー >  弔電のマナーとは?やってはいけないこと

弔電のマナーとは?やってはいけないこと

弔電とは、交通網の不備や仕事の事情などで、緊急の訪問が出来ない場合に、
取り急ぎ、弔意を伝えておこうとする手段です。正しいマナーを知って、
礼儀正しく、不備のない形で弔電を打ちましょう。


【弔電のマナー】


●弔問と弔電は両方必要?

弔電は、弔問に伺えないときに送るものです。弔問に行けるのであれば、
打つ必要はありません。両方は必要ないということを覚えましょう。

弔電も弔問もしてしまうようなマナー違反は、個人の場合は起こりにくいです。
しかし、会社の場合では、社長が弔問しているのに、社員が弔電を打ってしまう
ようなケースが起きる可能性がありますので、気をつけてください。

しかし弔電とは、あくまでも略式での挨拶ですので、懇意にしていた方の
葬儀に参加できないのであれば、後日なるべく早めに、弔問として、
足を運ぶようにしてください。



●弔電はいつ送る?

弔電は葬儀の午前中までに届くように送るか、式の進行が分かるのであれば
「弔電披露」と書いてある時間の 2~3時間前までに間に合うように
手配して送りましょう。前日の夕方までに手配すれば大丈夫です。

ただし、本来弔電とは、弔意を伝えるための略式の手段です。
弔電を披露されることに意味があるのではないことを忘れないでください。



●宛名は?

弔電の宛先名は、喪主の方に送るのが基本です。しかし、あなたが喪主以外の
ご遺族の方の友人であれば、そのご友人宛に送られても問題ありません。

宛名の、喪主のお名前はフルネームで送るようにしましょう。
もしフルネームがわからないときは、担当の葬儀社に問い合わせましょう。
喪主が誰だか分からないときは、「故○○○様御遺族様」とします。



●差出人は?

弔電の差出人名は、どんな関係の誰から送られたのかを、遺族の方にも
はっきりわかるように出しましょう。個人名、団体名、連名、部署名などを
詳しく分かるように、また、住所と電話番号も添えるようにしましょう。


スポンサードリンク


その他弔電,マナー,礼儀,葬儀,手配の情報

弔電を打つときには、NTTの略式文例を使おう
弔電の文例は何も自分で考えなくてもいい時がありますね。
もしくは、自分ではどうしても考え付かない時。

弔電とは?いつから始まったの??NTTが先駆け?
弔電を打ったことはありますか?ここでは、弔電の意味や、その重要性・
必要性・最近の弔電事情について、詳しくお話します。

弔電の打ち方を教えて!NTTの他には何があるの??
弔電を、実際に打ったことはありますか?ここでは、実際の打ち方、
その方法と流れについて詳しく説明します。いざという時に、
焦らないように、ぜひ一度この流れをご覧になってください。

弔電の礼状について。例文も用意しました。
弔電をいただいた場合、礼状はどのようにすればよいかご存知ですか?
ここでは、弔電の礼状について詳しく説明いたします。

弔電の文例を教えて!そんな方の為に例文を用意いたしました。
弔電の文を、どのように送ればいいかお悩みの方はいませんか?通常、電報を
扱っている会社には、ケースに応じた文例が準備されていて、宛名や差出人名を
変えるだけで、送ることの出来るものがあるので安心してください。

郵便局の弔電について。レタックスを活用しましょう。
郵便局からも弔電を送れることをご存知ですか?ここでは郵便局の
レタックスについて、また正しい文面についてお話します。

NTTの弔電について
弔電を打つなら・電報を送るなら、やはり一番に考えるのはNTTです!
NTTの弔電について、説明いたします。


弔電マナー

弔電マナーについて。期限等で制約があります。スケジュールをしっかりと把握しましょう。

関連エントリー

弔電のマナーとは?やってはいけないこと


<body bgcolor="#ffffff" text="#000000"> <a href="http://ww17.shimatusho.net/?fp=aGwkLLu3X9Soiroex2rdIh%2FvLnzOoQnEvsV5TwwvQ3ZtM9iHClelGZvFJKaiCt4dEfKMOia2pniGX5R3LXcSsQ%3D%3D&prvtof=l0eK51ReEg9FeyQa%2Fk9cx9SSBLy%2BKK93ebWyDBWnqVk%3D&poru=lsR5JP0m6bgYUhoXPI%2FDrgFJh1u6ZQ9%2BUnuJ0UlWqKquoRkRLqPtBzMlUk2hs6yloi92LRGyDZayGpiLSnM7IpF6Y%2FW3EFwzLwG%2F13FHFjxbtbISVmVqyYAd9fxsd6Ba&en=u&file=76&j=OFF&show=">Click here to proceed</a>. </body>